コーデュロイはこう着ろい! 2017年秋冬ジャケット考その2

b0104718_13095549.jpg


このところいっきに気温が下がり、ようやく本格的にコーデュロイジャケットの季節が到来した。ネイビーとオリーブの2色両方を購入したユニクロ・イネスのコーデュロイジャケットを頻繁に着る日々である。


連日着るとなると、着こなしのバリエーションもそれなりに欲しくなる。シャツやパンツ、靴、バッグをどうするのか。なにしろコーデュロイのテーラードジャケットを着るのは人生初なので、試行錯誤というと大袈裟だが、いろいろ試して楽しんでいるところだ。


とはいえ、組み合わせはほぼ決まりつつある。ネイビーのほうは、ユニクロ&JWアンダーソンのギンガムチェックの切り替えしシャツにGAPのニットタイ、襟にはシルク100%のプチ蝶ネクタイのピンズ(これは付けたり付けなかったり)、ユニクロのヴィンテージレギュラーフィットダメージチノのベージュ、靴は丸善マナスルシューズか三交製靴ラギッドシューズの黒のプレーン、バッグはL.L.ビーンの東急プラザ銀座店1周年記念トートか工房HOSONOの黑のマガジントートというあたりに落ち着いている。


b0104718_00364274.jpg


b0104718_15291469.jpg


b0104718_16165022.jpg


b0104718_13192880.jpg


ネイビーのジャケットについては、正直あまり他にバリエーションが浮かばない。というより、この組み合わせが気にいっているため、他の選択をあまり考えていないというのが正しいかもしれない。せいぜいニットタイを外すくらいか。しかし、ギンガムチェックのシャツにプチ蝶ネクタイだけするとお笑いコンビ・カミナリの叩かれるほうみたいになる。


b0104718_13233360.jpg


バッグは他にも選択肢がありそうだが、もともとコーデュロイという素材自体がカジュアルでカントリー的なので、ビジネスユースのかっちりしたブリーフケースやナイロンのリュックなどではなく、少しゆるいヌケた感じのキャンバス/帆布素材のバッグが合うように思う。


JWアンダーソンのブロードシャツは、あまり話題に上っていないようだが、何度か着て、洗ってを繰り返した印象としては、生地の質感、襟の形、柄の選択なども含めて、とても良質なシャツだと思った(後述するユニクロのエクストラファインコットンブロードシャツより質は高い)


b0104718_13250202.jpg


b0104718_14174387.jpg


まだ気温が高かった頃は前ボタンを開け、袖をまくり、下に白地のTシャツを着て思い切りラフに着ていた。ラフに着てもジャケットのインナーとして着てニットタイをしても違和感がない。ただし、Mサイズでもやや着丈が長いため、シャツ一枚で着る際には前ボタンを開けてTシャツを見せることで丈の長さを視覚的に解消した。


b0104718_13374503.jpg

b0104718_13375883.jpg


ジャケットの中に着る際にはタックインしてベルトを締めるのが良いだろう。タックインすると裾に入ったロゴマークの刺繍が隠れてしまうが、それもまた良し。


これからの時期はクルーネックセーターの下に着ると襟の形がきれいに出る。そして、柄が切り替えしになっているため、前身頃、後身頃、袖、胸ポケットのチェックの色が異なる。これによって、ジャケットの下に着ると襟もとから見えるチェックと袖口から覗くチェックが異なるというだまし絵的な遊び心が生まれ、さらにセーターの下に着てシャツの裾を出すと、前身頃と後身頃でもチェックの色が異なることになる。たとえ、ひとに気づかれなかったとしても、着ている本人が少しだけうれしくなるようなディティールだ。定価2990円でも全く高いとは思わないが、値下げをしたら(といっても1990円が1290円になるくらいだろうが)、ストライプのほうも買い足そうと思っている。


ストライプはパッと見で特徴がなさそうに見えるせいか店頭にかなり残っているので値下げまで待っても問題ないのではとタカをくくっている。インパクトの強いアンリ・ゴーディエ・ブルゼスカの魚の絵をフィーチャーしたセーターを買うかどうかは決めかねているが、もし買うとすればグレーのほうを選び、中にストライプのシャツを合わせるだろう。なぜギンガムチェックではなくストライプかと言われても答えに窮するが、このややファニーなグレーのセーターにはストライプのほうが知的に見えるのではないだろうか。


b0104718_14182162.jpg


トリッキーな着方としては、ブルゼスカの半袖ドローイングTシャツの下に長袖のブロードシャツを着るという方法もある。この場合もシャツの裾は出す。これをデニムのカバーオールジャケットやスイングトップなどの下に着るとなかなか良いということに気づき、早くもワゴン落ちで990円になったドローイングTシャツの黒も購入してしまった。白のほうがブルゼスカの筆のタッチが出ているのでおすすめだが、黒は線の部分が白ではなくベージュになっているため思いのほか雰囲気があり、ボトムスにベージュのチノなどを合わせるとしっくりくる。


b0104718_14305965.jpg

b0104718_14291651.jpg

b0104718_15343735.jpg


さて、ネイビーのジャケットを着る場合、靴、ベルト、バッグは黒系で統一する一方、オリーブのほうはこれらがすべてベージュ~茶系になる。結果的にオリーブのコーデュロイジャケットのほうが着こなしのバリエーションは増える。もちろん、ネイビーに茶の靴、バッグでも良い。


オリーブのコーデュロイジャケットの下にはユニクロのエクストラファインコットンブロードシャツを着て、昨年、無印良品で買ったニットタイを締める。ブロードシャツはいわゆるタッタソールチェックの格子に赤が入っているものと緑が入っているものの二種類購入しているが、いずれもニットタイの色味とリンクさせることを想定した。


b0104718_14354375.jpg

b0104718_14355358.jpg


このシャツだけ着てニットタイはなくてもいいような気もするが、私はこの組み合わせが気に入っている。特にきちんとした格好が必要ない場面でもニットタイを締めていくのが習慣になった。ボトムスをプレスの効いたウールパンツではなく、ややくたっとしたチノにすることでネクタイをしても決め過ぎた感じにならない。そして、このコーデュロイジャケットにはシルクのタイではなくニットタイがいい。


b0104718_14335710.jpg


b0104718_14342479.jpg


b0104718_14344965.jpg


b0104718_16145826.jpg


このブロードシャツも、なかなか悪くはないとは思うものの、襟の形があまりきれいではなく、かつ洗濯をするとそれなりに縮みが出るため、タイを締めるとややきつくなるのが難点。タイをせずに第一ボタンを外して着るぶんには問題がない。オリーブのコーデュロイジャケットに合わせる無印のニットタイはカラフルなので、タイをする場合、プチ蝶ネクタイのピンズは過剰になるので付けない。タイをしない場合のみポケットチーフの代わりというイメージで付ける。ちなみにプチ蝶ネクタイは青ベースと黄色ベースの二種類を購入しているので、ネイビーには青ベース、オリーブには黄色ベースをそれぞれ付けることにしている。


ボトムスは、ネイビーのジャケットにはユニクロのヴィンテージレギュラーフィットダメージチノのベージュを履き、オリーブのジャケットには同じチノのオリーブを履く。どちらも1990円になっているところを購入したが、ユニクロのレギュラーのチノより私はこのダメージチノのほうが好きだ。ベージュもオリーブもウォッシュ加工でかなり色あせた風合いになっているところが良い。


ワンサイズ大き目にして、ベルトできゅっと締めると軽くタックが入ったようになり、腿や尻のあたりがゆったりしつつ、裾にかけて細くなるテーパードシルエットになる。ピタピタのチノやストレッチの効いたチノは好みではない。やや皺がよったゆったり目のチノがかっこいいということを私はイラストレーターの故・安西水丸氏に教わった。ダメージチノは裾が切りっぱなしになっているため、洗濯をすると糸がほつれていく。このままいくと縫い目のところまでほつれていくのだと思うが、あまり気にせず、時々糸をハサミでカットしながら、裾を一折したり二折したり、靴によって変えて履いている。


b0104718_15314768.jpg

しかし、コーデュロイジャケットにチノばかり合わせていると、時には違うパンツも履きたくなる。たとえばデニムはどうだろう。が、このジャケットにスキニーデニムは似合わない。ということで、数億年ぶりにリーバイス501を引っ張り出した。


b0104718_14411500.jpg

b0104718_14430479.jpg

b0104718_14481662.jpg


ヴィンテージでも古着でもなく、2000年代初めに買ったと記憶している米国製のレギュラー。ミミが、アタリが、タテ落ちが…といったうんちくとは無関係なごく普通のデニム。チノのような、スラックスのような、太からず細からずのストレートなシルエットがこのジャケットにふさわしいような気がした。足下はスニーカーではなく、やはり革靴。中に着た白シャツは無印良品のオーガニックコットンブロードシャツだったと思う。ボタンダウンではないごく普通の形のシャツだが、無印特有の着丈が短いタイプなのでタックアウトで着るのにちょうど良い。昨今シャツのタックインが変ではなくなったとはいえ、さすがに501にシャツをタックインしてベルトをしてコーデュロイジャケットを羽織ると70年代の映画俳優みたいだ。シャツが白の無地で、かつノータイなのでジャケットの襟には黄色ベースのプチ蝶ネクタイのピンズを付けている。


このイネスのコーデュロイジャケットは袖の裏地がストライプになっていて、それを見せるようにして折り返せるつくりになっている。


b0104718_14435898.jpg


公式の写真でも袖を折り返しているし、イベントでイネス本人も袖を折り返して着用していた。私も時々袖を折り返して、下に着たシャツの柄を見せて着たりしている。


b0104718_14453131.jpg


この着方は、フランスの詩人、画家、映画監督のジャン・コクトーへのオマージュでもある。イネスがコクトーを意識したのかどうかは分からないが、なんとなく意識しているんじゃないかなあ、うん、きっとそうに違いないなどと勝手に想像している。ついでに私が小指にリングをはめるのもコクトースタイルだ。


b0104718_15230188.jpg


b0104718_14570079.jpg

b0104718_15001238.jpg


b0104718_15023075.jpg

b0104718_15590123.jpg


b0104718_15060744.jpg

b0104718_15244984.jpg


オリーブのコーデュロイジャケットにはオリーブのダメージチノを合わせ(といってもかなり色落ちしているので緑×緑という印象ではない)、靴は三交製靴の茶のプレーンを履く。他にも茶のスエードやチャッカブーツなども抜群に合うような気がする。昔履いていたクラークスのド定番デザートブーツなどでも良さそうだ(クレープソールが減りすぎてとっくに処分してしまったが)


b0104718_15271179.jpg

あるいは、先日の体育の日の連休に急に思い立って一泊の旅に出た先で(どこに行ったのかとか詳しいことは聞かないでほしい。まあ、いろいろお察しくださいby『やすらぎの郷』の倉本總)購入したARCOLLETTA PADORONE(アルコレッタ・パドローネ)の茶のダービーシューズも合うだろう。連日の雨でまだ1日しか履いていないが、この靴についてはまたあらためて。



b0104718_15260831.jpg



b0104718_14520960.jpg


バッグは、荷物がそれなりにある時は以前から使っている工房HOSONO2種類のブリーフケースを持つ。セミオーダーしたベージュ×茶のレザーか、「らくだ」というネーミングのいずれかを。


b0104718_14524031.jpg


b0104718_15555860.jpg


らくだカラーのほうはマチがかなりあり、一泊の旅行や出張などにも使える容量で、確かオーバーナイターと呼んでいたはずだ。


荷物が少ない時は、もはやいつ買ったのかも思い出せない無印良品のベージュのキャンバス×茶レザーのミニショルダーにする。


b0104718_14543903.jpg


どういう用途で買ったのかも思い出せないが、おそらく旅行先でのサブバッグというような使い方を想定していたのではなかったか。何年も使っていなかったが、最近また復活して頻繁に持つようになった。ストラップを短めにして、オリーブのコーデュロイジャケットに斜め掛けではなく肩から下げる。混んでいる電車の中などでも邪魔にならない縦長のショルダーバッグの使い勝手の良さを再認識しているところだ。コーデュロイジャケットに縦外ショルダー。この「いなたい」感じがどうにも気分なのだ。「おっさん臭い」の言葉で一蹴するのではなく、物と物とを組み合わせた瞬間の「あ、いいじゃない」という感覚を大事にしたい。


実はこの無印のショルダーが自分の中で復活したのにはちょっとした理由がある。最近、とあるセレクトショップでBrady(ブレディ)のショルダーバッグが目にとまった。創業120年の英国バーミンガムの老舗メーカーで、フィッシングバッグが有名だが、これがふと新鮮に映ったのである。


b0104718_14552687.jpg

b0104718_14560062.jpg


小ぶりのショルダーで2万円程。どんな服装にでも合うというものではないため出番が限られると思い二の足を踏んでいるが、このコーデュロイジャケットには間違いなく合うだろう。あとは、使い勝手の部分でフロントの開け閉めが面倒なのではないかというのも躊躇している理由だ。その点、無印のほうは留めがマグネットになっているため、開け閉めのストレスがないところも気に入っている。使用されている茶のシボ革もなかなか厚手のもので、面積は狭いながらもニュアンスを醸し出している。財布、スマホ、イヤホン、手帳、ペン、書籍がちょうどすっぽり収まるサイズ感も好ましく、まあ、これでいいか、というか、私にはこれがふさわしいか、などと己を納得させている。我ながら物持ちの良さには呆れるが、自分の稼いだ金で買った物をためらいもなく捨ててさっぱりした顔をするような薄情な人間には成り下がりたくない。買う時も捨てる時も真剣でありたい。


ちなみにブレディには12インチレコードが25枚入れられるレコードバッグなんてものもある(ラージサイズは40枚まで)。「他にはない大変丈夫でクラシカルなレコードバッグに仕上がっております」だそうな。そりゃあそうだろう。


b0104718_15074690.jpg

b0104718_15080939.jpg


ところで、私が良く使う「いなたい」とは、「野暮ったい」「冴えない」などという意味だが、一見野暮ったく見えるアイテム(大抵それは歴史性が纏わりついたクラシカルな物なのだが)をダサくなく身に着けるというのがこのところの課題にもなっている。わざわざそんなことをしなくても今風のイケてるアイテムを買ってくればそこそこおしゃれに見えるじゃん、と思うかもしれないが、考えなしに「そこそこおしゃれに見える」というのが一番マズい。とはいえ、そうした歴史性を纏ったアイテムに惹かれながらも、あまりにもガチガチに全身○○風の格好をするのにも抵抗がある。トレンドに迎合し過ぎるのも恥ずかしいが、あまりにもアウト・オブ・デイトなのもいかがなものか。服なんてなんでもいいと嘯いてみても、決してなんでもいい訳じゃない。ああ、我ながらめんどうくさい。


そうした意味で、この「いなたい」は一つのキーワードになり得る。つまり、パッと見でおしゃれには見えなくとも、組み合わせの妙や着る人間の雰囲気によって、「あれ、良く見たら結構いいじゃない、それ」というような服装。あくまでも服単体ではなく、そのひと込みでようやくぼんやりと成立する微妙なライン。そういう物に惹かれる自分がいる。


コーデュロイジャケットもあるいはそういうタイプの服かもしれないが、それ以外で私が最近良く着ているのが通称スイングトップ(正式名ドリズラージャケット)である。


b0104718_15085124.jpg


おそらく私のtweetをご覧になっているひとは、「さくらいはなぜ最近こんな冴えないおやじ臭い茶色のジャンパーを喜々として着ているのか」と思っていることだろう。スイングトップといえば競馬場や競輪場でワンカップ片手のおっちゃんが着ているイメージ? あるいはスイングトップといえば英国のバラクータG9であり、スティーブ・マックイーンや高倉健といったレジェンドが愛用したジャンパーとして、あまりにも特定の色が付き過ぎたアイテムだ。もともとゴルフウェアであることから、おやじ臭も濃厚である。


b0104718_15125531.jpg
b0104718_15130895.jpg


それをあえて着ようと思ったのは、たまたまバラクータG9をモチーフにしたと思しきSUPER JOHNS BY JEMORGANのスイングトップを見つけたからだった。JEMORGANといえばサーマルのロンTなどが有名な米国のメーカーだが、これはそのライセンス物だと思われる。バラクータを古着で買おうかなどと画策していた矢先にたまたまある店で見つけたのだが、黒、ネイビー、ベージュの3色があり、ベージュはバラクータのベージュとはかなり異なり、前述の工房HOSONOの「らくだ」カラーのような、茶とマスタードの中間のような色合いだった。私の場合、普通に考えれば黒かネイビーを選びがちなところだが、このらくだカラーを試しに着てみたら、どういう訳か一番しっくりきた。裏地のタータンチェックもこの色が最も映えると思った。


レジにて、さらに値引きということで価格は4000円程。バラクータのベージュよりもこちらの色味のほうが断然好みだし、なかなかこの色合いのスイングトップは見かけない。ちょうどこういう色合いのトップスが欲しいと思っていたところだったので迷わず購入した。中にシャツ、セーターなどを着れば本格的に寒くなるまでは着用できそうだ。


b0104718_15115383.jpg


昔からある形で流行り廃りとは無関係なところがいいし、ひととカブることがなさそうなところもいい。パッと見で「おしゃれな服ですね」と言われなさそうなとこも好ましい、というあまのじゃくな人間にはふさわしいアイテム。実は私の中では第一次スイングトップブームというものが2000年代前半にあり、その時は古着のマックレガー(当時はマクレガーと呼んでいた)のドリズラージャケットを着ていたこともある。着ているうちに襟の変色が激しくなり処分してしまったが、思えばそれ以来のスイングトップの再来だ。スイングしなけりゃ意味がない!などと無意味に叫んでみたい。


この場合もボトムスはデニムではなく前述のユニクロのヴィンテージレギュラーフィットダメージチノのオリーブ。らくだカラーとオリーブの相性も良いし、茶の靴やバッグとも合う。競馬場や競輪場ではなく、古本屋や喫茶店や名画座に似合いそうなクラシカルな服と捉えてひとり悦に入っている。


と思っていたら、どうやら男性ファッション誌ではバラクータやマックレガーのスイングトップがフィーチャーされ始めているようだ。雑誌に影響されて着ていると思われるのも癪だが、まあそういうことはあまり考えずに好きな物を好きなように着よう。


そういえば、昨年、そして今年の春夏にあれだけ盛り上がっていたUniqlo U2017年秋冬が出揃ったにも関わらず今回はまた随分とおとなしいじゃないか一体どうしちまったんだいおまえさん、などとお思いの方もいることだろう。一応あれこれ試着だけはしてみたものの、イネスやJWAが思いのほか良かったこともあり、これは絶対に買わねば、というものが見当たらなかった。マストバイなんて知らないよ。


当初、目をつけていたウールブレンドジャケットは、写真で見ても生地が薄そうだったが、実物は想像よりもさらに薄かった。おそらくルメールのことだから新機能の素材でもって薄くて軽いけど保温性もキープしてあるということだとは思うのだが、上下で着るとなんとなく学生の制服を思わせる雰囲気で冬に着るには寒々しいのではと躊躇した。自分にとってピンとこないものは買わない。それが賢い選択。値下げしたらその時はその時でまた考える。以上。




[PR]
by sakurais3 | 2017-10-17 16:01

ライター・さくらい伸のバッド・チューニングな日々  Twitter saku03_(さくらい伸)


by sakurais3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31