Guy Meets Girl~名もなきふたりの物語----『ONCE ダブリンの街角で』極音上映を観て

※ストーリー展開に触れているのでこれから見る予定のひとはご注意ください。

b0104718_21015298.jpg


以前ブログに書いた『はじまりのうた』が素晴らしかったジョン・カーニー監督の出世作『ONCE ダブリンの街角で』(2006年)が立川シネマシティの極音ナイトで一夜限り上映されるというので駆けつけた。

DVDレンタルもされているが、『はじまりのうた』同様、音楽が重要な作品らしいので、これはぜひ極音で観てみようじゃないか、と。

ミュージカル化もされている名作と名高い作品だけあって、金曜の夜、一回限りの極音上映の客席は9割方埋まっていた。上映前のざわついた客席は、ちいさなハコにライブを観に来たような雰囲気があった。


アイルランド・ダブリンの街角に立ちギター一本で弾き語りをしているストリートミュージシャン。母親が亡くなり、掃除機の修理屋を営みながら一人暮らしをする高齢の父親を心配して実家に戻ったものの、本当はロンドンでミュージシャンになりたいという夢がある。歳も歳なのでストリートミュージシャンで小銭を稼いでいる場合ではないのだが、この街から出られずくすぶり続けている。おまけに恋人にも裏切られ、失意の胸のうちを自らの楽曲にぶつけて街角で歌い続ける日々だ。ある夜、自分の歌に拍手を送る若い女が。チェコからの移民で、街中で花を売り歩く彼女もまたミュージシャンのタマゴだった。

音楽が、孤独な者同士の心を結びつけるという展開はそのまま『はじまりのうた』に通じる。というか、『ONCE』の成功によって、それをさらにスケールアップしたような『はじまりのうた』がつくられたのだから、『はじまり』の原型がここにあると言ったほうが正しい。

穴の空いたギターをかき鳴らす男と壊れた掃除機をズルズル引きずる女。厚かましいほどグイグイと近づいてくる異国の女に男は戸惑うが、いつも女がピアノの練習をさせてもらっている楽器屋で男のつくった曲をふたりで演奏した瞬間に、心が通じ合う。それは言葉や理屈を超えた、音楽がもつミラクルとしか言いようのない時間であり、ジョン・カーニーという元ミュージシャンの監督は、そのことを繰り返し描いている。つまりそれは、何度でも繰り返し描くに値する、人生において最も輝ける瞬間のひとつなのだ。その瞬間を切り取り、画面に定着させることがジョン・カーニーにとっての映画なのだろう。


b0104718_20594425.jpg


脚本の完成度、俳優の技巧をこらした演技、テクニカルな撮影と編集といった世の映画マニアたちの評価ポイントからすれば点数は低いのかもしれない。ハンディカメラで撮影された画面の粒子は荒く、手持ち撮影の構図はグラグラと安定せず、現役ミュージシャンである主演ふたり(グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ)の演技はあくまでも素朴。ところが、その中にかけがえのない人生のきらめきのようなものが写っているのだ。ドキュメンタリーではないから当然ながら作り手の作為はあるはずだが、そうした作為を超えて「人生の中で重要な一瞬が写ってしまった」ようにすら見える。

アカデミー賞にも輝いた云々というマクラは置いておくとしても、劇中の楽曲はどれも素晴らしく、登場人物たちの心情をセリフではなく彼らの紡ぐ歌声で語っていく。という意味ではミュージカル映画のスタイルに則っているといえる。









チェコから移り住み街中で花を売り歩く女(撮影当時18歳というから少女だが)を演じるマルケタ・イルグロヴァのキラキラ輝く瞳と屈託のない笑顔、チェコのおばあちゃんみたいな服装。『はじまりのうた』のキーラ・ナイトレイもそうだが、この監督の女性の趣味には大いに共感する。


b0104718_21094452.jpg

これまた『はじまりのうた』と同様、男と女の間の性的な関係は描かれない。音楽を奏で、一瞬でも心が通じ合うことは、男女の性愛をも超えた「愛の交歓」なのだと言わんばかりに。

ふたりがたとえはなればなれになっても、あの日あの時、ただ一瞬でも音楽によって心が通じ合えたこと自体がミラクルであり、その一瞬のきらめきを胸にそれぞれの暮しを生きてゆく。そういう瞬間が、きっと誰の人生にも一度はあるのではないか。だから、このエンディングはバッドエンドではない。海を見下ろす崖の上でチェコ語を解さない男に女がチェコ語でつぶやくひと言は、字幕が入らないので劇中では何と言ったのか意味が分からないのだが、どうやら「私が愛しているのはあなた」と言っていたらしい。なんという切なさ!

この物語を「純愛ドラマ」「ラブストーリー」と紹介するのは、間違いではないが正しくもないと思う。あえて言えば「音楽という名の愛」の物語だろうか。

観ている途中で、このふたりの名前が明かされていないことに気づく。エンドクレジットを確認するとグレンの役は「Guy」でマルケタの役は「Girl」だった。つまり、これは「Guy Meets Girl」の物語なのだ。名もなきふたりの、名もなき小さな物語。


ところで極音上映はどうだったのか。ノーマルの音と比較していないので正確なことは言えないが、ハンディカメラで映像と同録されたと思しき音にメリハリが出て立体的になっているようだ。ギターとピアノの音色、歌声が前面に出ているように感じた。







[PR]
by sakurais3 | 2015-04-15 21:10

ライター・さくらい伸のバッド・チューニングな日々  Twitter saku03_(さくらい伸)


by sakurais3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30