アイドルなんて聴いちゃダメ!ゼッタイ!


ここ最近は特定のアイドルを注視していることもないのだが、時々「最近注目しているアイドルっていますか?」と聞かれることがあるので、ちょっとここで状況を整理してみようと思う。YouTubeの動画が消されてたらごめん。


80~90年代はとりあえず置いておくとして、そもそも自分にとってアイドル熱が再発したのは2006年、perfumeを知ったことがきっかけだった。それ以降、2010年にももクロ(早見あかり在籍時)との出会いがあり、2011年春に東京女子流の洗礼を受け(シングル『鼓動の秘密』きっかけ)、その年の後半にでんぱ組を知る(かせきさいだあ&小暮晋也の『くちづけキボンヌ』きっかけ)…という流れだった。そして、2012年にはライムベリーやBABYMETALやリリカルスクールなどを知り、『あなたとPOP With You!』で遅ればせながら新潟のローカルアイドル・Negiccoの良さに気付き、その他いろいろありながら現在にいたる、という感じだろうか。


2年前の時点でBABYMETALの話をしても、ぼくの周りでは「何それ」的な反応が大半で、MVを薦めても「よく分からない」というリアクションばかりだったのだが、今となっては笑い話にすらならない。昨年末は武道館2DAYSを達成し、現在行われているワールドツアーは各地で大変な熱狂とともに迎えられ、レディ・ガガのフロントアクトを務めたことが大々的なニュースにもなった。現在、YouTubeの「ギミチョコ!!」MVの再生回数はなんと1300万を超えている。




ライムベリーはメンバー脱退などを経て、現在ライブを中心に着実に成長を遂げている。最新のライブ映像がこれ。『IDOL ILLMATIC』





1年前のシングル『SURERMCZTOKYO』では彼女たちのラップのスキルがよく分かる。




リリスクもtofubeatsらによるキャッチ―な楽曲を立て続けにリリースして安定的にファンを獲得している。マドンナの『HOLIDAY』を引用した新曲『FRESH!!!』。





では、今、これから注目のアイドルは、というと、ハタと考え込んでしまう。さくら学院卒業後、今春、鳴物入りでソロデビューを果たした武藤彩未とか、福井のローカルアイドル、せのしすたぁとか、気になる存在もちらほらいる。武藤は、歌よしルックスよしで欠点がないのがむしろ欠点というか、出来過ぎていておもしろくないという贅沢な不満を抱くほど楽曲や歌唱の完成度が高い。

シルエットだけで勝負できる稀有な存在。


小西康陽が手掛けた深田恭子の『キミノヒトミニコイシテル』を彷彿とさせる『Seventeen』。




せのしすたぁはポップな楽曲とうらはらの半ば暴力的なライブとのギャップに面食らう、一筋縄ではいかない得体の知れなさが魅力だ。

1stアルバム収録『アイドルなんてなっちゃダメ!ゼッタイ!』のアイロニー。








あと、大阪を拠点に活動するクルミクロニクルは、エレクトロポップな楽曲もなかなか良いのだが、それよりも「笑っているのか怯えているのかよくわからない表情でひたすら飛び跳ねる姿」をYouTubeで見た時の衝撃は忘れ難いものがある。





最新シングル『17』がリリースされたばかり。




あくまでも自分にとってのアイドルは、数多ある音楽と並列/対等に聴く「音楽」という認識なので、楽曲が良いと思えないものに関してはそもそもあまり食指が動かない。もちろん、ライブを見なければわからないという主張もよく分かるし、自分自身それなりのライブ体験も経ているが、それでも楽曲にノレないひとにはどうしても興味が湧かないのだ。そういう見方、聴き方をするひとがいたっていいじゃないか音楽だもの。とも思う。

楽曲だけ良くても売れないことは百も承知だが、まず身を乗り出すかどうかの入口は楽曲の良し悪しにかかっていることは誰しも否定はできないはずだ。

という観点からすると、ずば抜けて楽曲の安定感があるのは今も東京女子流なのだろう。さらに鬼のようなライブ数をこなすことから来る存在感も相まってもはや怖いものなしと言える。

ニューアルバムにも収録されている『ちいさな奇跡』。




メンバーの新井ひとみは最近、tofubeatsにフィーチャリングされたりもしている。『Come On Honey!』 正直、この曲は手癖でつくってる感は否めないが。





Negiccoも立て続けに名曲をリリースしているが、田島貴男が手掛けた今夏リリースの『サンシャイン日本海』は楽曲的にはやや低調モード。これは田島がアイドルに曲を提供することに不慣れなことから来ているのではないかと邪推する。みんなが聴きたいのはこーゆーんじゃないんだよね。あと、コンバットRECが手掛けたという「メンバーを8ミリフィルムでノスタルジックに撮るMV」はperfumeが6年前に『マカロニ』で既にやっているので残念ながら新味がない。メンバーはたいへん可愛らしく写っているとは思うものの。





ずっとNegiccoの曲をプロデュースしてきたconnieが手掛けるカップリングはいつもどうりでホッとした。鴨ネギのアニメもかわいい。





楽曲としては、元cymbalsの矢野博康が手掛けた今春リリースのシングル『トリブル! WONDERLAND』がすばらしかった。






[PR]
by sakurais3 | 2014-08-10 23:45

ライター・さくらい伸のバッド・チューニングな日々  Twitter saku03_(さくらい伸)


by sakurais3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31