蕎麦屋のラーメン

蕎麦屋で、わざわざラーメンを食べる。

邪道と思う頭の固いなひともいるだろうが、蕎麦屋でラーメンがメニューにある場合、それはたいていおいしい。

そのことを教えられたのは、以前勤めていた会社がある新宿御苑前の「四谷更級」だった。この店では、客の大半がラーメンを注文するという摩訶不思議な光景が日常的に見られる。ある時など、店内の客全員がラーメンを食べている姿を目撃したことがある。そして、もちろん自分もここではラーメンしか頼まない。

だったらいっそラーメン屋にしてしまえばいいだろうに、などとも思うわけだが、あくまでも蕎麦屋として営業をつづけているところに、何か得体の知れない拘りのようなものが感じられる。

四谷更級のラーメンについては、この記事にくわしい。


今日、近所に昔からある蕎麦屋の前を通ると、ウインドーのサンプルにラーメン550円があるので、きまぐれに暖簾をくぐった。随分前に蕎麦とカツ重のセットか何かを食べたことがあるが、特別うまいわけでもまずいわけでもなく、ごく普通の味だったと記憶している。はて、ラーメンはどうか。

昼なのに薄暗い店内に、昼時を過ぎたとはいえ、ひっきりなしに客が来る。力うどん、カツ重セット、きつね蕎麦…と、オーダーもバラバラ。ラーメンを頼んでいるひとはいない。

若干不安にもなったが、運ばれてきたラーメンを見てほっとした。典型的な醤油スープの中華そば。シナチク、のり、ホウレンソウ、チャーシュー、ナルトと、具もオーソドックス。一見しょっぱそうな色のスープも、濃いというよりコクがあるという印象で、やや甘味のある醤油の香りがきわだつ。鶏ガラや野菜、かつお節などで丁寧に出汁をとって仕込んだものだということがわかる。

麺は中太のストレート。茹で具合もちょうどいい。

b0104718_049617.jpg


考えてみれば、わざわざ本筋ではないメニューを置いているからには、それなりに自負があってのことだろう。評判が悪ければメニューから外すはずだ。

やはり、蕎麦屋のラーメンはおいしい。その法則はここでも実証された。




フレンチの巨匠、ジョエル・ロブションがプロデュースしたエビスビールを飲む。コンビニの冷蔵庫にこのビールを見つけた時、「なんだかなあ」と思いつつも試しに買ってみたのだが、いやー、すみませんでした。

うまいです、これ。

いわゆるエビスとはかなり異なる味。「フレンチに合うビール」とのことだが、シャンパングラスに注いで飲むのがふさわしいようなテイスト。
b0104718_1942967.jpg

by sakurais3 | 2013-02-22 19:46

ライター・さくらい伸のバッド・チューニングな日々  Twitter saku03_(さくらい伸)


by sakurais3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31