わたくしこういう者です

ひょっとすると以前にも書いたかもしれないが、ドラマを見ていて時々不自然だと思うことがある。台詞としては特別不自然ではない。

たとえば、こんなシーンだ。

喫茶店でコーヒーを飲む主人公の前に、トレンチコートを着た男が座る。何故かコートも脱がずに、おもむろにポケットから名刺を差し出す。

「倉持さんですね?わたくしこういう者です」

「…山中探偵事務所…?探偵さんが私に何の用ですか?」

「友人の柳田さんが行方不明なのはご存知ですね?」

「ええ、今朝別の友人から聞きました」

「先週の金曜夜8時、あなたどちらにいらっしゃいました?」

「ひょっとして私を疑っているんですか!?」

「いえいえ、参考にお聞きしたまでです」


そのまま流してしまいそうになるごく平凡なシーンだが、ちょっと待ってほしい。

「わたくしこういう者です」

こんなことを言いながら名刺を差し出す人にこれまで会ったことがない。さらに、名刺を受け取った人がそこに書かれた文字を読み上げることもまずない。

渡すほうはまず名乗れよ!

って、まぁそれだけの話なんですが…。
by sakurais3 | 2010-03-02 17:19

ライター・さくらい伸のバッド・チューニングな日々  Twitter saku03_(さくらい伸)


by sakurais3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31