潮の音

米倉涼子さんのインタビューが無事終わり、ほっと一息のさくらいです。

けっこうキワドイ質問にもサバサバと答えていただきありがたかった。おいしいフレーズ満載の記事になる予定。

で、ワインなぞ飲みながら一服している訳だが、BGMは、久々の湯川潮音。

最近発売されたカバーアルバムがなかなか良く、ここ数日繰り返し聴いている。オアシスやレディオヘッド、エアロスミス等のロックをアコースティックでアレンジする手法そのものはさして珍しくはないが、選曲の妙とアレンジの解釈が奮っている。中でもプリテンダーズのカバーは出色だ。

ロンドンのテムズ川沿いのスタジオで生活しながらレコーディングしたという音の質感もすばらしい。

インディーズでアルバムを出しているころは頻繁にインストアライブの追っかけをしていたのだが、正直ここ数年というものエレクトロ系に浮気していたためじっくりと向き合うことはなくなっていた。が、久々にきちんと聴くと、やはりこのひとの声は唯一無二だとあらためて実感。

自分のように、しばらく遠ざかっていたひとも、是非。
by sakurais3 | 2009-12-18 18:20

ライター・さくらい伸のバッド・チューニングな日々  Twitter saku03_(さくらい伸)


by sakurais3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31