なくもんか(わらうもんか)

b0104718_1528973.jpg

ぽっかり時間が空いたので、映画鑑賞。さる方面からいただいたチケットで、クドカン脚本・阿部サダヲ主演の「なくもんか」を。

平日にも関わらず客席はかなり埋まっており、そこここで笑いが起こる。脚本は、エコからお笑いブーム、B級グルメまで茶化しまくり。が、演出には少々疑問あり。あと、認知症のひとの前で認知症って言ったら駄目。竹内結子好演。阿部は石立鉄男(水もれ甲介)もしくは西田敏行(池中玄太)フォロワーのような演技。巨大スタジオに建てたという商店街のセットは見事。

映画を観終わり、そのまま帰宅するつもりだったのだが、スイスの町の名を冠したフレンチカフェに寄ることに。店に入って思い出したのだが、この日(金曜)はボジョレー・ヌーボー・フェアだった。先日、店員からチラシをいただいていたことをすっかり忘れていた。

まぁ、ヌーボーにはさして興味はないのだが、グラス1杯にバイキング形式の食べ放題がついて1000円はお値打ちだろう。最近思うのは、「こだわり」よりも「ミーハー」のほうが重要ではないか、ということ。既知の感覚を反芻することで安心を得るのが「こだわり」だとするなら、「ミーハー」には未知の世界へ足を踏み入れる柔軟性が問われる。それは自分が本来ミーハーではないからなのだが、いずれにしてもミーハー心を忘れるとアタマは固くなる一方だぜ。

いつになく混雑する店の片隅でヌーボーの芳香を愉しんでいると、隣の席のOL風ふたり組が話しかけてくる。店のオーナーだという男性とちらっと会話をしているのを聞いて「ワインにくわしいひと」だと思ったらしいのだが、飲むのは好きだけど大してくわしい訳ではない旨を伝える(仮に知識があってもこういう店でウンチクを吐く輩は最低だろう)。

それをきっかけに四方山話になったのだが、会話を始めて5分くらいで「ライターさんか何かですか?」と言われて唖然。別にワインを飲んでメモをとっていた訳でもポケットにペンを差していた訳でもミシュラン片手な訳でもない。なぜ分かるのか…と思い尋ねると「そんな気がしたんですよ」だと。まぁ、「羊飼いの方ですか?」とか「マタギの方ですか?」などと言われなくてよかった。羊飼いやマタギを職業差別する気はまったくないが。

ヌーボーを2杯で飽きたわれわれは、ふつうのワインに切り替え、飲み、食べ、しゃべる。途中でひとりが「ほんとはワインよりビールが好きなんです」と言うので、この町でビールと言えばここ!な店に流れることに。2杯ほど飲んだところで、ひとりは電車の時間があるというので先に帰り、残ったひとりとサシ飲みに。もう一度書くが、まったくの初対面である。ナンパした訳でもない。たまにはこんな夜もあるってことだよ御同輩。
by sakurais3 | 2009-11-21 15:31 | 雑記

ライター・さくらい伸のバッド・チューニングな日々  Twitter saku03_(さくらい伸)


by sakurais3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31